住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |

乗り換えをお考えの方は

乗り換えについて

住宅ローンは返済の途中で「乗り換え」を行うことが可能です。住宅ローンを乗り換えることで返済総額が減るというケースもあるので、考えてみたい対策の一つです。

しかし、住宅ローンの乗り換えの際にはよく考えなければいけない面もあります。住宅ローンの乗り換えを行うということは、新しい住宅ローンを組み、今までの住宅ローンの残債を一旦全額返済し、乗り換えた住宅ローンで返済していくということになるのです。

つまり、新しく住宅ローンを借りることと同じなので諸経費が必要になりますし、様々な手続きも必要になるのです。

住宅ローンの乗り換えにかかる諸経費としては、「抵当権抹消及び抵当権設定費用」「登記費用」「保証料」「印紙代」「取り扱い手数料」等がかかることを認識した上で、住宅ローンの乗り換えを検討してみてください。

乗り換えの検討

今の住宅ローンより、より金利の低い有利な住宅ローンに乗り換えられれば、現在返済している住宅ローンの利息は無駄だったということになります。住宅ローンの乗り換えの時期が遅れるということは、無駄な利息を支払い続けていることにも他なりません。

このような住宅ローン返済の悪循環をいち早く断ち切る為にも、住宅ローンの乗り換えを検討されてはいかがでしょうか。住宅ローンの乗り換えを利用する方は最近では増加傾向にあり、住宅ローンを組んでいる方にとっては常識ともいえることなのです。

住宅ローン商品は数多く展開されているので、低金利・長期固定金利といったより有利な住宅ローンを見つけ、早めの乗り換えを検討しましょう。

乗り換えの目的

住宅ローンの乗り換えの主な目的は3つあるといわれています。それぞれの目的に合った住宅ローンの乗り換えを行わなければ、せっかくの住宅ローンの乗り換えが裏目に出てしまうケースもあります。下記に乗り換えの主な目的を挙げてみましょう。

・目的1 金利を引き下げ総返済金額を減額するため
・目的2 現在、変動金利型(短期固定)で、将来の金利上昇を回避し抑制するため
・目的3 住宅ローンの毎月の返済金額をこれ以上増えないように抑えるため

目的によって乗り換えの方法や注意すべき点が変わってくるので、住宅ローンの乗り換えを行う場合には、まず目的の明確化から始めましょう。

アドバイスを受けよう

住宅ローン乗り換えをしたいと考えても、乗り換えで本当に得をするのか、どのような住宅ローンに乗り換えればよいのか、また、乗り換えのタイミングは?など、迷うことが多いのではないでしょうか。そういった時はプロのアドバイスを受けましょう。

家計に関する幅広い知識を持った家計のエキスパートとして、「ファイナンシャルプランナー」が挙げられます。「ファイナンシャルプランナー」が受け持つ分野は非常に幅広いのですが、「ファイナンシャルプランナー」によっては得意分野・不得意分野があるのも事実です。

住宅ローンの乗り換えについて相談したいと思った場合には、住宅ローンについて詳しい知識を持っている方を探しましょう。


▼同カテゴリー「 住宅ローン乗り換え 」の記事一覧
乗り換えをお考えの方は
乗り換えの目安
乗り換えのメリット
乗り換えの手順と必要な書類
審査基準・担保・連帯責務者
贈与税について
乗り換え時の金融機関の選び方

マンション購入

基礎知識

住宅ローン審査

住宅ローン金利

住宅ローン乗り換え

住宅ローン返済

住宅ローン控除

リンク集

 
住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |