住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |

変動金利型住宅ローン

「変動金利型」

住宅ローン金利には様々な種類が展開されていますが、そのひとつに「変動金利型」というものがあります。

「変動金利型」の住宅ローンの金利は6ヵ月ごとに改定されており、5年間は元金部分と利息部分の割合を変更することで、住宅ローンの返済額が変わらないシステムをとっています。

住宅ローンの毎回の返済額を変えないようにするために、たとえ金利が上がっても住宅ローンの返済額は前期の1.25倍を上限とする特約が、ほとんどの場合に付いているようです。

ただ、これまでの「変動金利型」の推移を見てみると、借入時には将来的な返済額が確定していないので、不安要因もあるのが事実です。

社会経済の悪化などにより、金利が急激に上がることも考えられます。その場合は、返済額で利息分を全てまかないきれなくなる可能性もあり、未払利息が発生してしまいことにもなりかねません。

「変動金利型」の住宅ローンを選ぶ際には、リスクについてもしっかりと認識しておく必要があるのです。

変動金利の見直し

住宅ローンにおける「変動金利」は、名前の通り金利が変動するというものです。

原則として半年に1度(4月1日と10月1日)住宅ローンの変動金利の見直しが行われます。この半年ごとの見直しに連動し、住宅ローンの返済額が変わると利用者にとっては不便なので、返済額は通常、5年ごとに変動しているようです。

つまりは、半年ごとに変動金利を見直して5年後(6年目)から住宅ローンの返済額に反映させるということなのです。

変動金利として、近頃では毎月1日現在の短期プライムレート連動長期(3年超)貸出金利を基準に変動金利の見直しを行い、翌々月分から新しい金利を適用するという「即時見直し型」の住宅ローンもでてきているそうです。

いずれにしろ住宅ローンに「変動金利型」を採用する時には、長期的な金利の変動状況を予測することが必要になるのです。


▼同カテゴリー「 住宅ローン金利 」の記事一覧
住宅ローン金利について
固定金利型住宅ローン
変動金利型住宅ローン
住宅ローン金利の基準
住宅ローンの金利優遇
通常金利口とは

マンション購入

基礎知識

住宅ローン審査

住宅ローン金利

住宅ローン乗り換え

住宅ローン返済

住宅ローン控除

リンク集

 
住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |