住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |

固定金利型住宅ローン

住宅ローンの金利の種類に「固定金利」というものがあります。固定金利には、「全期間固定」と「段階金利型固定」のタイプがあります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

「全期間固定」

「全期間固定」タイプの金利は、住宅ローンに適用される金利が全ての返済期間において変動しないのが特徴です。「全期間固定」タイプでは住宅ローンの金利が変動しないので、低金利の時に組めば将来の金利上昇のリスクを考える必要がなくなるというメリットがあります。

また、住宅ローンの返済額は常に一定なので、資金計画を立てやすいというのも利点の一つといえるでしょう。

「段階固定金利型」

「段階固定金利型」と呼ばれるタイプの固定金利は、11年目に金利が1度だけあがるというものです。

「段階固定金利型」の住宅ローンの金利変更は返済中1度だけなので、資金計画が立てやすいというのが特徴です。低金利の時に借りていれば、将来の金利上昇のリスクをヘッジしやすい点も人気のようです。

住宅ローン支払いを開始する当初は、低めの金利に設定されていることが多いので、11年目に返済額がアップして戸惑うこともあるかもしれませんが、「段階固定金利型」であっても、申し込み時には変動後の金利が決定されているので、予想外の高金利になるということはないようです。

しかし、金利が下降傾向の時に「段階固定金利型」の住宅ローンを組むと、結果的に住宅ローンの金利負担が大きくなる危険もあるので注意してください。

「短期固定金利型」

住宅ローンの「短期固定金利型」について考えてみましょう。

住宅ローンの「短期固定金利型」は、期間が終了した場合には、再度固定金利型を選択しないと、自動的に変動金利型になる場合が多いようです。

例えば、当初3年間5%固定金利が適用されるタイプでは、期間が終了するとその時点の金融情勢に応じた金利に見直されてしまいます。

固定金利期間終了後の金利は、その時点での金利が適用されるので、予定していた住宅ローンの返済額が変わってしまう場合があるので注意が必要です。

住宅ローンの借り入れを検討する際に「短期固定金利型」を選択した場合、将来金利が上昇すれば返済額が増えてしまうこともあるとしっかり認識しておきましょう。


▼同カテゴリー「 住宅ローン金利 」の記事一覧
住宅ローン金利について
固定金利型住宅ローン
変動金利型住宅ローン
住宅ローン金利の基準
住宅ローンの金利優遇
通常金利口とは

マンション購入

基礎知識

住宅ローン審査

住宅ローン金利

住宅ローン乗り換え

住宅ローン返済

住宅ローン控除

リンク集

 
住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |