住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |

住宅ローン審査基準の注意点

住宅ローンは、金融機関が融資をする相手が信用に値する人物かどうかを検証する為にあるので、様々な角度から審査され、時には審査に通らないケースもあります。

審査の対象となるのは自分の収入や勤務状況、資産だけでなく他の借り入れ状況も審査の対象となります。消費者金融やクレジット会社からキャッシングをしている場合や、自動車ローンなどについても個人信用調査機関を通して審査されるといいます。

また、あらゆるローン返済に対して過去に延滞をしてしまった場合、住宅ローンの借り入れが難しくなることもあるので注意してください。配偶者と収入合算をして連帯債務者にする場合には、その配偶者についても住宅ローンの審査が及びますので気をつけましょう。

資産状況・社会保険の加入状況について

住宅ローンを融資する金融機関は、その相手に返済能力があるかどうか、あらゆる面から調査します。

例えば、自営業者の方の場合においては、収入に関して細かくチェックされるようです。一般的には、3期分の収入が審査されることが多いのですが、3期の平均値や直近の収入、また最低時の収入を審査基準としているところもあり、金融機関によって違っているのが現状です。

頭金や諸費用として、自己資金がどの程度あるのかも審査したいポイントなので、預金等の資産状況についても審査されるといいます。

住宅ローンの返済が退職後も続く場合には、社会保険への加入状況も審査対象になります。これは、退職後にも返済能力が続くかどうかをチェックしているわけです。

「返済負担率」について

住宅ローンの審査では、住宅ローンの「返済負担率」というものが重要になるといわれています。「返済負担率」は、住宅ローンの年間総返済額が年収に対してどのくらいの割合となるか算出したものです。基本的に住宅ローンの借り入れ金額は、住宅価格の8割が目安とされています。

しかし、頭金0円などの住宅ローンで返済金額が多くなると、当然返済負担率は増えていきます。「返済負担率」が高ければ高いほど、住宅ローンの審査は厳しくなっていくと考えられています。

実際に住宅ローンで借り入れが可能かについては、申し込み先の金融機関の判断にゆだねられますので一概にはいえませんが、「返済負担率」をふまえた住宅ローンにしておいて、損は無いといえるのではないでしょうか。

民間融資の住宅ローンの審査

民間融資と公的融資では、住宅ローンの審査基準が異なっているようです。一般的には民間融資が住宅ローンの審査を厳しくしているといわれており、特に他の借入に対して厳しくチェックされるのだそうです。

クレジットカードを使っての翌月一回払いはそれほど影響はないそうですが、分割払いやリボルビング払いをしている場合は、住宅ローンの融資可能額に影響を及ぼすことがあるといいます。

また、キャッシングについては利用する事自体が審査に多大な影響を与えるそうなので、注意が必要です。場合によっては、住宅ローンを融資する条件としてカードの解約を求められることもあるといいます。

以上に思い当たる方は、住宅ローンの申込み前には全額を返済しておくほうが賢明でしょう。これから住宅ローンを組みたいとお考えの場合は、キャッシングでお金を借りる時には以上のリスクを考慮しておきましょう。


▼同カテゴリー「 住宅ローン審査 」の記事一覧
年齢・勤続年数審査基準
本人以外の住宅ローン審査
住宅ローン審査基準の注意点

マンション購入

基礎知識

住宅ローン審査

住宅ローン金利

住宅ローン乗り換え

住宅ローン返済

住宅ローン控除

リンク集

 
住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |