住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |

団体信用保険とは

勤労者世帯のうち、実に働く人の3人に1人が住宅ローンを抱えているといわれています 。

民間の金融機関では、住宅ローンの借り入れの条件として、「団体信用保険」への加入が義務付けられていることがあります。通常は、不動産会社が提案する保険会社の「団体信用保険」に加入することが多いようです。

「団体信用保険」とは、住宅ローンの契約者が高度な障害状態になった場合、や死亡した場合に、「団体信用保険」から保険金が支払われ、住宅ローンの残債を全額清算するというものです。要するに、ローン支払いを肩代わりしてくれるもので、通称「団信」と呼ばれています 。

よって、万一の時に残された家族がその債務を引き継ぐことはありません。住宅そのものが残せるため、家族は安心です。

「団体信用保険」のを申し込みには、「団体信用保険」を運用する生命保険会社に書面にて健康状態を告知しなければなりません。よって、病気の度合いによっては「団体信用保険」への加入ができないことがあります。

いずれ会社へ復帰できる見込みがあり、返済能力に問題がなくても住宅ローンの借り入れができないケースもあるのです。

ただし、住宅金融公庫や「フラット35」などの住宅ローンは、「団体信用保険」への加入が義務付けられていないので、病気で団体信用保険への加入ができなくても住宅ローンを借りることは可能だそうです。

しかし、死亡時の保障がなくなるので、その場合には遺族の方が住宅ローンの返済をしていくということをしっかり認識しておきましょう。


▼同カテゴリー「 基礎知識 」の記事一覧
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンの比較
住宅ローンのシミュレーション
住宅ローンの頭金
JAの住宅ローンとは
団体信用保険とは

マンション購入

基礎知識

住宅ローン審査

住宅ローン金利

住宅ローン乗り換え

住宅ローン返済

住宅ローン控除

リンク集

 
住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |