住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |

つなぎ融資について

つなぎ融資とは

住宅購入の手続き上、住宅ローンが実行される前に不動産会社や建築会社へ住宅の購入金額の支払いが必要となることがあります。

このような場合に住宅ローンが実行されるまでの間、一時的な借入をすることを「つなぎ融資」といいます。

つなぎ融資は実際の住宅ローンとは別に契約書が必要であり、金利も住宅ローンとは別に決められています。したがって、住宅ローンとは別につなぎ融資の利息や諸費用が必要になるのです。

不動産会社や建築会社によっては、買い手の代わりに金融機関からの融資資金を受け取ることを条件として、代金支払い前に登記を認める「代理受領」という方法をとることもあるようです。

住宅ローンを検討する際には、不動産会社や建築会社などに支払い代金は自己資金なのか、つなぎ融資なのかということをあらかじめ確認することが大切といえるでしょう。

つなぎ融資が必要な場合とは

住宅ローンを考えるにあたって、つなぎ融資が必要な場合を見てみましょう。

土地を購入して家を建てる場合、土地購入の手付金や決済金、建築の着手金や※中間金について住宅ローンを使って支払う代金について「つなぎ融資」が必要となります。
すでに保有している土地に家を建てる場合には、建築の着手金や中間金についてつなぎ融資が必要です。

マンションや戸建ての建売住宅の場合などで、物件の引渡し日と住宅ローンの融資実行日が違う時のケースを考えてみましょう。

金融機関によって異なりますが、住宅ローンの実行日が決まっていて自由に選択できないことがあるそうです。こういった、融資実行日より前に物件の引渡しが行われる場合には「つなぎ融資」が必要となります。

自分の場合はどれにあたるのか、しっかり見極めてから住宅ローンの計画をたてましょう。

※中間金・・・売買契約が成立した後に、売買代金の一部として買い主から売り主へ交付される金銭のことを指します。契約成立から義務履行(財産移転)までの間に支払われるので、中間金といいます。


▼同カテゴリー「 マンション購入 」の記事一覧
マンション購入をお考えの方は
マンション見学から申込まで
マンション契約から入居まで
つなぎ融資について

マンション購入

基礎知識

住宅ローン審査

住宅ローン金利

住宅ローン乗り換え

住宅ローン返済

住宅ローン控除

リンク集

 
住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |