住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |

マンション契約から入居まで

マンション購入の契約

住宅ローンを利用してマンションを購入する際、申し込みが完了して購入契約へ移る時点で手付金の支払いや、住宅ローンに必要な書類などを準備しなければなりません。

一般的には契約前に重要事項の説明が行われ、権利関係や物件の法的制限、購入代金の支払い方法、契約解除になった時の規定といったものが記載された説明書や資料などが渡されるようです。

内容に納得いかない点や不明な点がある場合、十分協議してきちんと納得してからマンションの購入契約を結ぶようにしましょう。

いよいよ署名、捺印をして売買契約が成立するわけですが、手付金や印紙税を支払う必要が出てきますので事前に確認を取りましょう。契約書にも購入代金の支払方法や物件の引渡し時期などが記載されているので、しっかりチェックしておいてください。

住宅ローンの契約だけでなく、マンション購入の契約にもしっかりとした確認作業が必要です。

金銭消費貸借契約会

「金銭消費貸借契約会」は、マンションを購入する際に利用する住宅ローン契約などを行う会のことです。

住宅ローンの契約手続き(金銭消費貸借契約)は「金銭消費貸借契約会」で行われるのですが、金融機関への住宅ローンの申込みに関しては、事前にしなければなりませんので気をつけましょう。

「金銭消費貸借契約会」が開催される前には、購入手続きに関する書類が送られてきますので、内容を確認の上、必要事項を記入し必要な書類を用意しておかなければなりません。

「金銭消費貸借契約会」においては、住宅ローンの契約の他にもマンションの火災保険に関する手続きや登記代行、入居に関する説明などもあわせて行われるようです。

マンションの引渡しに関しても「金銭消費貸借契約会」で説明されることがあるので、必ず出席しましょう。

マンションへの入居

住宅ローンを利用してマンションを購入したら、まず入居前にはマンションの「引渡し」が行われ、その時点で購入代金の残金やその他諸費用を支払う必要が出てきます。購入代金の残金とは購入代金から頭金や申込金などを差し引いた額です。

住宅ローンを組むのであれば、金融機関などから不動産会社に直接振り込むように手配をしておかなければなりません。

住宅ローンの借入先からの残金の支払いが確認されると、購入したマンションの鍵が渡され、いよいよ入居の準備は完了です。

マンションへ入居したらなるべく早く住民票の転入届を行い、印鑑登録と印鑑証明の手続きが必要です。不動産取得税など、税金に関係の手続きも必要になります。手続きは都道府県によっても異なるため、税務署の窓口などで確認してみてください。


▼同カテゴリー「 マンション購入 」の記事一覧
マンション購入をお考えの方は
マンション見学から申込まで
マンション契約から入居まで
つなぎ融資について

マンション購入

基礎知識

住宅ローン審査

住宅ローン金利

住宅ローン乗り換え

住宅ローン返済

住宅ローン控除

リンク集

 
住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |