住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |

住宅ローン返済の注意点

住宅ローンの返済の注意点

住宅ローン返済が残っているご自宅を売却して、新しくお住まいをご購入する際には「買い替えローン」や「住み替えローン」などの住宅ローンを利用することが可能です。

しかし、新しくお住まいを購入せず、売却しても住宅ローンの返済だけが残ってしまう場合はどうしたらよいのでしょうか。

こういったケースに対応するローンは、現状では用意されていないようです。資金使途が特定されていないフリーローンというものはあるのですが、住宅ローンなどの借入金の返済には、通常対応していませんし、例外的に存在していても金利は非常に高く設定されているようです。

抵当となるべきご自宅がなくなるこういったケースでは、一般の金融機関ではなく、勤務先や勤務先の共済組合に対応するローンがないか確認するのが最終手段だといえます。

「買い替えローン」について

住宅ローンが残っているご自宅を売却し、新たなお住まいを購入するというケースもあるでしょう。また、ご自宅を売却してもなお住宅ローンの返済が残ってしまうこともあるでしょう。

住宅ローンは、通常ご自宅の購入資金だけにしか対応していません。また、フリーローンなども借入金の返済のための資金には対応していないので、住宅ローンの返済の清算には使用することができないのです。

こういった時は、「買い替えローン」や「住み替えローン」という住宅ローンが用意されている金融機関を探しましょう。条件を満たせば、新たに購入するお住まいの購入資金と売却するご自宅の住宅ローンの返済資金を合わせて借り入れすることができるそうです。

今のご自宅を売却して新しくお住まいを購入する方は、「買い替えローン」または「住み替えローン」を設定している金融機関を探してみてはいかがでしょうか。


▼同カテゴリー「 住宅ローン返済 」の記事一覧
住宅ローン返済とは
住宅ローン返済の注意点
高年齢者の住宅ローン返済
繰り上げ返済とは
住宅ローン「フラット35」

マンション購入

基礎知識

住宅ローン審査

住宅ローン金利

住宅ローン乗り換え

住宅ローン返済

住宅ローン控除

リンク集

 
住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |