住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |

贈与税について

贈与税について

住宅ローン乗り換え贈与税、これらが関係しているというとちょっと信じられないかもしれません。しかし、住宅ローンの乗り換えには贈与税が発生するケースもあるので気をつけなければなりません。

住宅ローンを最初に借りた時、夫が契約者で妻を連帯債務者としていたと仮定します。住宅ローンを乗り換えした時には妻が退職し、主婦になっていたらどうなのでしょうか。この状態で住宅ローンの乗り換えをすると、妻から夫へ以前の住宅ローンで借り入れ金の半分が譲渡されたとみなされるのです。

住宅ローンとして借りる金額は、贈与税対象外の金額より大きいものであることがほとんどなので、夫婦間で贈与税が発生してしまうことになるのです。

住宅ローンの乗り換えで、かえって損をしてしまったということにならないように、住宅ローンの乗り換えの際には細心の注意を払うようにしましょう。

贈与税を防ぐ方法

以前は夫婦で分けていた住宅ローンが、妻(もしくは夫)の退職後、住宅ローンを一つに乗り換えようとした場合、夫婦間で贈与税が発生するというケースがあります。これをなんとか防ぐ手立てはないものでしょうか。

通常、贈与額が110万円以内だと贈与税の非課税枠に入り、贈与税は発生しません。

しかし、住宅ローンは扱いの金額が非常に大きい為、贈与税の非課税枠には納まりきれないことがほとんどでしょう。

住宅ローンの乗り換えの際に、金融機関とやり取りする中で贈与税等の問題が発生しないようにするには、税務署に事前に相談に行くことです。

所轄税務署の窓口で資産税部門の方と相談をし、どのようにすれば贈与税対象にならないかを一度相談してみてはいかがでしょうか。


▼同カテゴリー「 住宅ローン乗り換え 」の記事一覧
乗り換えをお考えの方は
乗り換えの目安
乗り換えのメリット
乗り換えの手順と必要な書類
審査基準・担保・連帯責務者
贈与税について
乗り換え時の金融機関の選び方

マンション購入

基礎知識

住宅ローン審査

住宅ローン金利

住宅ローン乗り換え

住宅ローン返済

住宅ローン控除

リンク集

 
住宅ローン金利比較TOP | マンション購入 | 基礎知識 | 住宅ローン審査 | 住宅ローン金利 | 住宅ローン乗り換え | 住宅ローン返済 | 住宅ローン控除 | リンク集 |